esuの本がある暮らし

本を読むって、面白いしためになるし、ほかの人にも伝えたい。だけど良さを伝えるのって難しい・・・少しでも読んだ本たちの魅力が伝わりますように。

【みんな空気読みすぎ】自分のことだけ考える

こんにちはえすです。

今日読んだ本はこちら。

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)堀江貴文

 

 

続きを読む

【ご縁の力がハンパない】お金でなく人のご縁ででっかく生きろ!

こんにちは、えすです。

最近読んだ本を一気に投下してます。

今日はこれ。『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』中村文昭著

 

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!

 

 

続きを読む

【不労所得への第1歩?】ストックビジネスで「お金」と「自由な時間」を手に入れる方法

こんにちは、えすです。

今日読んだ本はこちら。

ストックビジネスで「お金」と「自由な時間」を手にいれる方法

ストックビジネスで「お金」と「自由な時間」を手に入れる方法

ストックビジネスで「お金」と「自由な時間」を手に入れる方法

 

続きを読む

【VS.ネットワークビジネス】金持ち父さんのビジネススクール

手段か、目的か

 

こんにちは、えすです。

今日はこの本を読みました。

人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールセカンドエディション―私がネットワークビジネスを勧める理由

 

人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールセカンドエディション―私がネットワークビジネスを勧める理由

人助けが好きなあなたに贈る金持ち父さんのビジネススクールセカンドエディション―私がネットワークビジネスを勧める理由

 
続きを読む

【ハワイに恋するエッセイ】ゆめみるハワイ

こんにちは、えすです。

 

久しぶりの今日は、またずいぶん、毛色の違った本を。

ゆめみるハワイ (幻冬舎文庫)

ハワイに恋した小説家、よしもとばなな氏のエッセイです。

 

ゆめみるハワイ (幻冬舎文庫)

ゆめみるハワイ (幻冬舎文庫)

 

そう、ハワイが舞台のエッセイです。

この時点でわくわくしますね!!

 

 

 

私はもともとばななファンなので色眼鏡になってしまいますが、この方はとにかく世界の捉え方が素敵だと思ってます。

 

好きな作家のエッセイを読むと、その作者の小説ワールドをつくりあげてるエッセンスみたいなものがバッチリ散らばっていてすごく嬉しくなります。

 

あ、この雰囲気は現実の世界のこんな場所から生まれたものなのね〜てな具合で。

 

 

この作品も例に漏れず、よしもとばななワールドの構成要因はこれか!!と納得の一冊。

作者のハワイ関連の出来事をいろんな角度から綴ったエッセイなのですが、『サウスポイント』と『まぼろしハワイ』を読んでる方だと特にわかるかな。

 

参考までに↓

esuxrb.hatenablog.com

 

まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)

まぼろしハワイ (幻冬舎文庫)

 

 

 

あの作品のあの場面は、正に作者の体験だったのだ、とかね、すごく追体験

 

1番すごいと思うのは、私がおんなじ体験をしても決してこんな言葉たちを選んで表現することはできないだろうなってところ。

どうして、何の変哲もなさそうな、ただなんとなく素敵っていうぼんやりした幸福感から、そんなにいろいろな言葉で説明できるの?

 

小説家のなせる技でしょうか。

 

 

 

果たして男性が読んでも面白いのか

f:id:esuxrb:20180417221438p:plain

 

そんなわけで私はよしもとばなな好きなので、その空気感を堪能できるエッセイなんてさらに大好物ですが、どうも女性が好む傾向にある気がするんだなあ。

 

というのも、あんまりハッキリした物語の軸というか色?がないのです。

白黒はっきりつけるミステリのようなエンタメ性はないし、強いていうならグラデーション。

 

まあ、その辺も初期作品と最近の作品で比べると結構違ったりもするのでなんとも言えませんが←

 

 

まとまらなくなってきたのでここまで。

次は何読もうかな☆彡

 

 

【3年間休まず働く】地道力の感想

こんにちは、えすです。

 

今日読んだ本はこれ。

地道力[新版] 目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない!』國分利治著

美容室のEARTHホールディングス代表取締役社長の自伝的自己啓発書ですね。

地道力[新版] 目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない!

地道力[新版] 目先の追求だけでは、成功も幸せも得られない!

 

 

続きを読む

【女性の願望に国境はないらしい】フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ小説の感想

こんにちは、えすです。

 

今日は最近読んでなかった海外モノ。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-1)

映画化で有名ですが、とりあえず上だけ読みました。 

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-1)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (ハヤカワ文庫NV) (ハヤカワ文庫 NV シ 28-1)

 

 

続きを読む